読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12.oh.9

吸って吐いて、また吸って。

リンダキューブアゲイン

感想 ゲーム

リンダキューブ 公式サイト

PlayStaton®Store | プレイステーション® オフィシャルサイト

(ゲーム単体のページが上手く貼れなかったのでリンダキューブと検索してください)

 

 

人類が暮らす惑星ネオ・ケニア。

1999年の夏に落ちてくるという巨大隕石”死神”。

地中から突如現れた方舟。

人間の男女一組で動物のつがいを集めろという、自称神様からのメッセージ。

方舟の乗組員に志願した幼馴染みのケンとリンダ。

99年までの8年間に及ぶ二人の冒険が始まる。

 

と書くと、動物を集めることでネオ・ケニアが救われる話のように見えますが

隕石は必ず落ちてくるしネオ・ケニアも必ず滅びます。

主人公が必死に動物を集めている間にも容赦なく時間は流れ、

春夏秋冬と季節は移り変わり、人類は少しずつ他の惑星に移住していき、

主人公達と動物が乗る方舟はどこへ行くのかさっぱり分かりません。

それでも世界中を回って動物を集める、ただそれだけのゲームです。

 

でも、それがとても面白い。

 

動物は戦闘をすることで捕獲できるのですが、

レベルを上げて強くなればいいのかというとそれは違います。

動物のHPに対して与えるダメージが大きすぎると、

動物の体は飛び散って捕獲できなくなります。まさにオーバーキル。

自分のレベルと捕獲できそうな動物のバランスを考えながら

行動していくことが大事なのです。

メチャクチャ強い動物が群生しているエリアでしか遭遇できない

とても弱い動物の存在なんていうイジワルもあるのですが、

知恵を働かせて道具や特殊能力で乗り切ります。

作中には季節の概念があるので、

ある時期にならないと出会えない動物も当然います。

 

捕まえた動物は方舟へ乗せる以外に、回復アイテムである食料に加工したり

武器や防具といった装備品に加工することが出来ます。

ゲームを進める上でこれらの作業がとても重要になるのですが、

何度も繰り返しているうちに

沢山の命を犠牲にして人間は生きているんだなぁと実感させられます。

加工して作ったアイテムは自分が使うだけでなく、

商店で売って移動等に使う資金に変えることもあります。

中盤辺りまではこの資金稼ぎが大事だったり

やり甲斐を感じるポイントになるのですが、

99年が近づいてくると店の人も移住の為にいなくなっていき、

貯まりに貯まったお金や加工して作った高価なアイテムの使い道はなくなります。

ゲームなのに、お金って案外無力なのかも…なんて気分になるかもしれません。

 

ここまで聞くと何処にどんな動物がいるかも分からないのに

迂闊にレベルを上げられないのかと思うかもしれませんが、

その辺をスムーズに理解できるようA,B,Cと三つのシナリオがあります。

A,Bの世界は行動範囲が限られてる上にシナリオに振り回される部分が大きく、

イベントに沿って世界中を移動している間に自然と動物のことが頭に入ります。

その二つをクリアしてからやる自由度の高いシナリオCの面白さは格別です。

個人的にA,Bは必要最低限の動物を集めたらさっさとクリアして、

Cで思う存分動物集めを楽しむのがオススメです。

Cはゲーム内に出てくる全種類の動物を捕獲することが出来る上に、

コンプリートした時のみ見られるEDがあるのですが、

これがとても良かったので、攻略情報を頼ってでも見てほしいです。

情報なしで全種類集めようとしたらかなりキツい気がします…。

 

システム面の話ばかりしていますが、勿論シナリオも面白いです。

どのシナリオでもインパクトのある台詞が繰り返し登場するのですが、

言葉は地球上で人間のみが持つ文明だと教えられたのを思い出しました。

動物を集めているうちにネオ・ケニアの秘密が見えてきたりもするのですが、

その辺は大きく取り上げないことによって、

宇宙は人間なんていう小さな存在が扱えるような代物ではないというのも

強く感じさせられます。

とにかく今です、大事なのは今なのです。

 

一番はじめのPCエンジン版(リンダキューブ)は18歳以上推奨と表記され、

表現の規制をした上でリメイクされながらも

プレイステーションソフトで初めて倫理規定マークがつけられた

(このゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています、のアレです)

など、残虐的な部分が取り上げられがちな本作ですが、

生きることの意味と魅力を、ありとあらゆる面から伝えてくれます。

 

たったの600円弱で、あなたも方舟に乗ってみませんか?

(16/05/17、PSstoreでの販売価格です)

 

 

また何かあったら書きます。