読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12.oh.9

吸って吐いて、また吸って。

詭弁 走れメロス

舞台 感想

青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」

www.amazon.co.jp

 

お恥ずかしながら読書量は少ない方で、

森見作品も1,2冊しか読んだ事がなく

本作も原作を知らないまま観に行ったのですが、

それでもこの舞台は、確実に森見作品そのものでした。

 

くだらない事への姿勢が暑苦しい芽野、

堅苦しいメガネが似合いすぎて冷静さが暑苦しい芹名、

体格から服装まで暑苦しい長官、

爽やかさが暑苦しい自転車にこやか整理軍、

パッとしなさと部への思いが暑苦しい詭弁論部員達、

彼らの暑苦しさに蒸されて醸す魅力が、

絶えずふかしているロングピースより濃い女、須磨さん。

狭いような広いような舞台と、入り組んだ京都の町。

その中をくだらない理由で、全力で駆け回る男達の疾走感。

どうでもいいような事を壮大に表現する勢い。

突然歌い出し、踊り、脱ぐ馬鹿馬鹿しさ。

 

どこを取っても森見登美彦の世界でした。

クスッと笑うのではなく、涙が出るほど笑える気持ちの良い作品です。

 

東京公演は8日までやっているそうなので、

GWムードにウンザリしている人は腹の底から笑ってみては如何でしょうか。

 

帰り道に原作を買ったので、明日からもうひとっ走りしてみようと思います。

 

 

全然関係ないのですが、会場最寄りの新宿御苑駅で降りたら

栗の花の匂いですごいことになっていました。

あと今日は暑かったですね。

 

 

また何かあったら書きます。