読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12.oh.9

吸って吐いて、また吸って。

Lifeline

Lifeline...

Lifeline...

  • 3 Minute Games, LLC
  • ゲーム
  • ¥120

 急にゲームの話がしたくなったのでします。

 

Lifeline

 

簡単に言うと、ゲームブックです。

 

謎の惑星に不時着した青年・タイラーの通信を

プレイヤーが偶然受信したところからゲームは始まります。

 

タイラーから出される二つの選択肢を選び、

彼を惑星から無事に脱出する結末へ導いてあげるのが

このゲームの目的です。

 

ゲームは常にチャット形式で進んでいき、

右と左、どちらの道を進むか選ぶ時もあれば、

弱気になっている彼に優しい言葉をかけるか

活を入れてやるか、そんな事を選ぶ時もあります。

 

これだけ聞くとド定番のゲームブックにしか思えませんが、

このゲームの一番の魅力は

プレイヤーがタイラーの応答を待つ

という部分にあります。

 

選択の結果がすぐに返ってくる時もあれば、

数分、時には何時間も待つ事だってあるのです。

何時間も待つ展開の中には、タイラーが睡眠を取る時間も存在します。

 

不定期な間隔で返答を待ち、ポップアップやバッチ表示で

タイラーからの通信が知らされるのを見ているうちに、

この広い宇宙の何処かにタイラーは本当にいるような気がしてくるし、

どうしたら彼が元気を取り戻してくれるか、

ハッピーエンドに辿り着けるか、一生懸命考えたくなってきます。

 

もちろんこれはゲームなので、

敢えて危ない橋を渡らせてみたって構いません。

素っ気ない態度を取ってみるのも面白さの一つです。

 

ちなみに、待たされる事はあっても

こちらが急かされる事はないので安心してください。

 

最初にも書いたように、このゲームはチャット、

文字だけで進んでいきます。

不時着した惑星の情景やタイラーの身に起こった事、

それらは全てタイラーが伝える言葉でプレイヤーの手元に届きます。

どんなに不思議な事、大変な事が起きても、

プレイヤーは全て想像するしかありません。

ゲームというデジタルの集大成でありながら、

面白さの根本的な部分は読書というアナログの代表と同じ場所にあるのです。

アナログと同じ面白さにリアルタイムが絡んでくる不思議な感覚は、

何とも言えないワクワクを与えてくれます。

 

このアプリ、AppleWatchにも対応しているのですが、

そっちでやると没入感が半端ないんだろうなぁ…

 

 

アナタの日常に、

タイラーという顔も知らない"友人"の非日常を加えてはみませんか?

 

 

また何かあったら書きます。